話半分 腹八分

f0211225_1747234.jpg還暦を機にであったろうか?新聞を取らなくなった。
一つにはネットで大抵の情報が入手できると云うことと、抑も独り身となって、読んだ後の新聞の処理が面倒くさ過ぎるからであった。

尤もらしい理屈としては、、現代人の根本的な病巣が、情報過多と栄養過多と運動不足の三つにあるのだと云う、私の結論に順ってである。

栄養過多に関しては、自分の食事がさほど多くの問題を抱えていないと思うものの、運動不足は如実であると思うが故に、今ではほぼ山歩きが日課で、今日も保月城に登った。
後の一つは、情報過多からの避難であるが、ひとまず新聞を取らず、極力くだらないテレビを見ない、を実行している。

私は年末神崎紫峰師作の伊賀花入れをオークションで落札した。
伊賀焼の花入れは、耳付きを常識とするようであるが、この花入れは焼成の途中で片方の耳が落ちてしまったらしい。

その事をどう評価の要素にするかは個人の主観に委ねなければならないのであろうが、何はともあれ私が入札していることを知った知人が、無用の競り合いをしないでおこうと遠慮をしてくれたらしい(後日聞いた話)。

それで出品に気づく人が少なかったのかも知れないが、超破格の廉価で入手することが出来た。
何はともあれものすごい存在感である。

私はこの花入れを、洒落て『話半分・腹八分』と命銘しようかと思う。
片耳だから、誰もが知る情報でも私は其の半分で結構で御座います!という主張である。
孫かひ孫の頃になると、ちょっとユニークな花入れとして、思いがけない高値が付くかも知れない
ヽ(^o^)丿
[PR]
by tennkozann | 2017-01-06 17:48 | Comments(0)