出来過ぎている適評だヽ(^o^)丿

過日黎明館の企画「丹波人物伝」の講座で「丹波布復興の父・金子貫道」を一時間ばかり話をしたが、それは是非聞かなきゃと、法事を終えて急ぎ駆けつけてくれたS上人が、本日実に適切な論評を送ってきてくれた。

余りに面白かったので、それをそのままコピペしてブログにアップすることとしたヽ(^o^)丿
f0211225_19464632.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今、暇に任せてユーチューブで音楽を聴きながら、つらつら思いますに「ああなるほど・・な!」と変な感慨に耽っておりました。

歌が上手い、とよく知られた髭上人が、金子貫道と云う人物に関する話を聞きづけて、その事績を調べているうちに、その人のことを歌にしてやろうと思い立ち、素晴らしい名曲にしたてた。

それは史実に基づいて、髭上人自ら作詞作曲されたタイトル「金子貫道」と云う歌。

噂を聞いた者は早速CDを買ってその曲を聴きました。
とても感動しました。

今度、柏原黎明館とやらでその新曲を披露されると云うことです。
では是非とも生の名曲「金子貫道」を聴こうと黎明館に心弾む思いで多くの人が集まりました。

しかし、今から金子貫道の歌が聴けると思っていたらなかなかその曲が始まりません。
金子貫道という歌が始まる前に、まずはじめにその曲を作った経緯の説明があったのです。
「ああなるほど!」そう云う深い裏付けがあってこの名曲ができたのだなぁ!と云う事が良く理解できました。

しかしさて?何時になったら金子貫道の歌が始まるのかなと思っていたら、何やら金子貫道の歌を作詞作曲されるまでの経緯説明ばかりで、結局髭上人は歌が上手いと既に十分知っている聴衆が、その生の歌声を聴けないまま、閉演の時間になったのです!

・・・みたいな、なにかしら物足りなさを感じました(^^ゞ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

流石30年来の付き合い・・・ではあるが、キャツにしては出来過ぎている適評だヽ(^o^)丿

[PR]
by tennkozann | 2017-10-16 19:49 | Comments(0)