朝から独り怒ってるヽ(^。^)丿

f0211225_09524405.jpg
過日某社の社長から同社に寄せられる信じられない苦情について話を聞いた。
いちいち内容を書きはしないが、いちいちがひどすぎる。
その社長は確か今年還暦、私とは10歳の年の差がある。
しかし二人の間に大きな価値観の差は無い。
しかるに、その信じられない苦情というのは、一時マスコミを騒がせたモンスタ^ペアレントの言い分と軌を一にするものである。

二人で「何だろうねぇ~」と、唯々信じられない思いで溜め息交じりの会話に終始するしか無い。
ただ、その溜め息交じりの話の中で、私が思いついて言ったのは、「何を言っても=表現の自由=であるとか=個性の尊重=などと云う範疇で、それは許されているのだ」という思いが蔓延しているのであろうか、と云う事である。
もしそうとすれば、そういう状況を引き起こしている根っこの問題はなかなか根が深いものではある。

それはそれとして、昨日思いがけず京都を訪れることになり、時間があったので須田上人を誘って一度行っておきたかった金福寺を訪れた。
京都に向かう車中で、時間があれば金福寺を訪れようと誘い、その訳を話しておいたのだが、その所為か彼は金福寺の佇まいにいたく感激してくれた。
進入路の狭さが気になったようであるが、それは彼がこのお寺に心ある檀徒を連れてくるなら、と云う観点からの気がかりで有った様だ。
詰まりそれくらい彼は感激してくれていた。

今朝ネットでこのお寺に関する口コミというものをチェックしていたら意外や意外!?不満気味の投稿が僅かにあった。

曰く
①「何度行っても、大したものはありません。しかも有料云々」
②「たまたま道に迷ってたどり着いたお寺さんでした。 一言であらわすなら『微妙』(中略)とにもかくにも微妙。こじんまりとした良くも悪くもないお寺です。」
③「お庭はきわめて小さい。お堂の上には芭蕉庵があり、その周辺だけかろうじて紅葉しているといった程度。(中略)わざわざ立ち寄らなくてもよいかも。」

はぁ~?と私はため息が出る。

①のお前!
お前はただその場所に「大したもの」を見いだす知識も教養も感性も無いだけの話だろうが!
お前如きが喋るのは、はしたなくて聞いてられないってものだ!

②のお前!
お前は自らの感性で処理出来ないものを「微妙」という曖昧な言葉で表現するしか語彙の持ち合わせが無いだけの話だ!
お前如きが良いの悪いのと言う事自体、不遜に過ぎるってものだ!

③のお前!
バカ!お前の程度の者は確かにわざわざ立ち寄る必要は無いのだ!
世の中はお前レベルの者だけで構成されているわけでは無い!バカ!

とまぁ
今朝の老愚痴・老毒舌はその程度だ!ヽ(^。^)丿


[PR]
by tennkozann | 2018-02-24 09:55 | Comments(0)