命日

f0211225_04014491.jpg
11月4日の演劇公演に関して、流石にもうそろそろ檄を飛ばさなければと、昨日は僅かに厳しい口調で物を言った。

執行部なるモノを組織しながら、その執行部に属した面々に本当の意味での当事者意識が欠落したままである。

このままでは間違いなく、11月4日は700数十席のウチ100席以上空席が出るであろうというのが私の判断。
その危機感を、執行部の全員が如何に共有するか、とそういう段階に来ている。

本当の意味での当事者意識、それはその字が示すとおり「事に当たっている」のは、他の誰でもないこの自分であると云う意識である。
それを如何に呼び起こすか?となると、どこかで傍観者意識が抜けず、評論家気分で物を言っている輩を個別に潰さなければならない。

しかし、一つの事業に向けて進んでいるという状況でなければ、普段は仲良く談笑する相手だけに、言い回しを注意しないといやな気分が残ってしまう。

そんな事を気遣いながらの昨晩であったが、少しは残りヒト月余りの動きに関して、ムードを変えられるのでは無かろうか。

帰宅は11時近くになっていたが、2時半に目が覚めた。
まだ頭の中が興奮状態なのか?(^^ゞ

いやにすっきりと目が覚めてしまったので、私は起き出して台所に立ち、血糖値対策として欠かせない野菜サラダを作り、浅漬けを仕込んだ。
因みにこの浅漬けは、某道の駅で売っている「あさ漬け塩」を使うのだが、この塩で漬けた浅漬けの1日~2日経ったものはすこぶる美味である。

台所での作業をしながら、あぁこんな事も14年前にはろくに出来なかった・・・と思う。

今日は妻の14回目の命日・・・。

[PR]
by tennkozann | 2018-09-27 04:03 | Comments(0)