人気ブログランキング | 話題のタグを見る

贅言とは 言うまでもなく 言う必要のない事・・である


by tennkozann

ありがとうございました

ありがとうございました_f0211225_07251137.jpg
彼の最後のブログ、勿論それが最期になるなどとは夢にも思っていなかったであろうが、その最後の一節は「ありがとうございました」だ。

語る言葉も書き記す言葉も、いつ其れが最期の言葉になるか知れない。
そうとするなら、一番望ましいのは、彼がそうであったように「有り難う」が良い。
読む者が、其れを以て自分に向けられた別れの言葉だと受け止めれば、ほんの僅かでも心安まるモノがある…。

何かにつけて腹立たしいことが少なくないが、だからといって怒り・恨み・腹立ち等々の言葉を最期の言葉にしたくないモノだとしみじみ思う。

私は常々、正常な意識が残っているなら、終焉の言葉を「面白い人生を有り難う」にするのだと語っている。
言いたいことを言いしたいことをして、其れが許されての自分の人生…と云う思いが強いので、矢っ張り面白い人生を有り難うと言って終焉の時を迎えたい。
然し思い通りに行かないことも充分あり得る。
だからこそ、「面白い人生を有り難う」が、私の気持ちで有ると云うことを繰り返し書き残しておこうと思う。
私に然るべき「徳」が備わっていたなら望みは叶うかも知れない。

彼が結果的に最期に書き残した言葉は「ありがとうございました」だった。
其れは彼の「徳」というものだろう。
by tennkozann | 2024-02-22 07:26 | Comments(0)